太ってもケーキに埋もれたい

フランス在住の旅行好き科学者と、関西在住ケーキ大好きアラサーによる雑記ブログです。

【ベイリゾートホテル小豆島】家族旅行におすすめのセミスイート宿泊記録

f:id:coconaotry:20190715215030j:plain



関西から手軽に行ける旅行地で人気のある「小豆島」。日帰りでも楽しめますが、今回は両親との旅行ということで、のんびり贅沢に1泊してきました。
今回利用した「ベイリゾートホテル小豆島」と宿泊したセミスイートがすごく良かったので、ご紹介します。

ベイリゾートホテル小豆島

アクセス

醤油蔵が軒を連ねる「醤の郷」を抜けたところにある、ほぼ全室オーシャンビューなリゾートホテルです。

各港からの車での大体の所要時間は以下の通り。

・福田港:25分
・土庄港:35分
・池田港:20分
・草壁港:10分
・大部港:50分
・坂手港:5分

各港からの送迎バスもあります。(前日18時までに要予約)

すぐ近くに醤の郷がありますが、その他には車で10分圏内に、「小豆島オリーブ公園」や、「オリーブビーチ」、島唯一の酒蔵「森國酒造」など、主要な観光名所やお店の集まるエリアにも抜群の立地です。


セミスイート

そんなベイリゾートホテル小豆島に今回家族で泊まってみてよかったのは、セミスイートルーム。

f:id:coconaotry:20190715181158j:plain

60㎡の広いお部屋に、ツインベッドとと8畳の和室スペースがあります。
定員は6名まで。5名で利用しました。


f:id:coconaotry:20190715181217j:plain

ベッドはこんな感じ。


f:id:coconaotry:20190715181254j:plain

和室はこんな感じ。2名がベッド利用、残りはここの和室に布団を敷いてもらいます。


f:id:coconaotry:20190715181512j:plain

スイートルーム(2部屋)・セミスイートルーム(4部屋)は全て11階にあります。ホテルは12階建てで、12階には温泉があるので、実質最上階のお部屋ですね。


f:id:coconaotry:20190715181920j:plain

最上階のお部屋からの眺めは最高!


f:id:coconaotry:20190715181309j:plain

全自動のマッサージチェアがありました。


f:id:coconaotry:20190715181321j:plain

50インチの大きなテレビも!

お風呂はユニットバスではなく、バストイレ独立型でした。

コンセントの刺し口も、5人で泊まって困らないぐらいにはありました。



広々としたセミスイートですが、意外と値段はお手頃
今回、5人の利用で、通常の部屋を2部屋取るよりも、5人で7000円プラスの料金でした。一人1400円プラスで、5人が同じ部屋に泊まれるなら、アリですよね~!

リーズナブルに大人数が同じ部屋で宿泊できるので、家族旅行や4名以上のグループ旅行にぴったりのお部屋だと思います。


広々としていますが、高級感の漂う内装、という訳ではないので、カップルが奮発して泊まるお部屋、という感じではなかったです。

同じ階は全てスイートルームかセミスイートルームなんですが、実際、見かけた他の部屋の方は、全て家族連れでした。


◎セミスイートルームの詳細はホテルのホームページ参照。
セミスイート | 小豆島のリゾートホテル|ベイリゾートホテル小豆島の公式HP


夜ご飯は「特選会席」

夜ご飯は通常のバイキングの他、スタンダード和会席、量より質会席、特選会席、プレミアム会席、と様々。

今回私達は、のんびり食事を楽しみたいということで、バイキングではなく会席の中から、「特選会席」のプランを選びました。



f:id:coconaotry:20190715192212j:plain

特選会席の内容はこちら。



f:id:coconaotry:20190715192254j:plain



f:id:coconaotry:20190715192317j:plain

お刺身は一人6種類も!


f:id:coconaotry:20190715192335j:plain

地魚の照り焼き。

f:id:coconaotry:20190715192358j:plain

渡り蟹鍋、諸味仕立て。


f:id:coconaotry:20190715192407j:plain

南瓜饅頭あんかけ。

f:id:coconaotry:20190715192418j:plain

小豆島らしいそうめんとオリーブそうめんの食べ比べ。



f:id:coconaotry:20190715192450j:plain

メインの一つ目のアワビ!酒蒸しです。


f:id:coconaotry:20190715192517j:plain

もう一つのメインは、オリーブ牛のステーキ!やわらかくて美味しかった~!


f:id:coconaotry:20190715192553j:plain

〆にはちらし寿司。


f:id:coconaotry:20190715192619j:plain

スイーツは、ホテル専属パティシエ特製らしく、最後の最後までおいしかったです。


f:id:coconaotry:20190715193450j:plain


お酒は種類が豊富で、小豆島ならではのものもたくさん。オリーブハイボールは青リンゴのような飲みやすいハイボールでおすすめ!初めて飲んだすもものワインも、きりっとしておいしかった。

他にも柚子酒やすだち酒など。ビールも地ビールがあったり、日本酒、焼酎もあります。


総じて大満足の晩ごはんでした!



朝ごはんはバイキング

朝食は7時~9時の間でバイキングです。8時~9時の間は非常に混雑し、すぐに席に着けないこともあるようなので、8時前の利用がおすすめです。


f:id:coconaotry:20190715190652j:plain

バイキングは品数がたくさんあって、味もおいしくて、大満足でした!和食がメインのラインナップです。

変わったものとしては、佃煮の種類がたくさんあったり、醤丼が作れたり。
印象に残っているのは、岩のりがめちゃめちゃおいしかったのと、フリードリンクコーナーに梅酒があったこと!


貸し出し品が充実

家族連れの利用が多いからか、ゲーム類の貸し出し品が非常に充実しています。

人生ゲームやウノ、トランプ、ジェンガ、オセロなどたくさんのゲームの中から、1部屋で1種類借りることができます。ちなみに、返しにいけば、別のものを借りることもできます。

また、ヘアアイロン、アロマディヒューザー、アイロン、加湿器、ハイパワーイオンドライヤー、DVDプレイヤーなどの家電類も、1部屋で1種類借りることができました。

また、部屋にパジャマはありますが、色浴衣の無料貸し出しもあります!


プールもあります

f:id:coconaotry:20190715191713j:plain

プールを利用する気満々でいましたが、あいにくのお天気で利用できず。
2019年は7/13-9/1まで営業の予定です。


その他、ゲームコーナーや卓球コーナーなど、遊べるものも充実!
雨が降ると観光に行きづらい小豆島ですが、ホテルでも目一杯遊べます。


かかった費用

f:id:coconaotry:20190730120809j:plain


トップシーズンの7月の3連休の中日、セミスイートを5名で利用、晩ごはんは上から2番目の特選会席で、宿泊費は1人21060円でした!思ったよりリーズナブル!

ちなみに 同時期の土曜日や3連休の中日に、ロイヤルスイートに5名で宿泊、晩ごはんも1番高い最上級会席プランにすると、一人30000円ほどでした!


今回も含めて、国内ホテルの予約はいつもじゃらんからしています。今回は家族5人分の予約をしたので、2106ポイントも貯まりました~!

じゃらんnet

値段を比較したい方はトリバゴが便利ですね。
国内&海外ホテル予約『トリバゴ』


まとめ

今回はセミスイートに宿泊しましたが、ご飯が朝晩共に美味しくて、ゲームなどの貸出も充実、プールもあって周辺に主なお店もある立地で便利、と、ホテルそのものがすごくおすすめです!小豆島旅行の際はぜひ!