太ってもケーキに埋もれたい

フランス在住の旅行好き科学者と、関西在住ケーキ大好きアラサーによる雑記ブログです。

【ギリシャ】2日で十分?地図とお勧め度★で見るアテネ鉄板・穴場観光名所10選。

f:id:ryossin:20190426061348j:image

ギリシャ・アテネといえば、ギリシャ神話にまつわる古代遺跡が数多く点在しており、高校で習う数式の文字や最近ではユーロがらみの問題が思い浮かびますね。

 

そんなギリシャ・アテネに弾丸2日間滞在してきました。

やはり、古代遺跡が素晴らしく、数式の世界で使っていたギリシャ文字が普通に使われているのを目にするとテンションが上がります。(私だけでしょうか。笑)

 

アテネは食事は比較的おいしく気候も安定しているのでとてもお勧めの観光地です。経済破綻したからと言って過ごしにくいことは何もありませんでした。

(食事は賛否両論あるとは思います。)

 

f:id:ryossin:20190426061515j:image

ただ、2日滞在すれば十分な観光地だと思います!笑

そこで、今回はおすすめ鉄板観光地のモデルコースを実際の写真とともに紹介します。

各名所におすすめ度を載せているので、全部行く時間がない場合は参考にしてください。

  • ★★★★★ なにがなんでも絶対に行くべき観光地
  • ★★★★☆ 絶対に行くべき観光地
  • ★★★☆☆ 時間がなければ削るべき観光地
  • ★☆☆☆☆ 時間があれば行きたい観光地

 

各名所の営業時間、入園料等は筆者が実際に行った2019年2月当初のものです。 

 

ちなみにアテネから日帰り・一泊で行けるおすすめ観光地としては

夢の白い街と青いエーゲ海。ギリシャ・サントリーニ島がお勧めです。飛行機で30分です。ぜひこちらの記事をみて、行ってみてください。(おすすめ度★★★★★)

 

 

地図

アテネの主要な観光地はこのように非常に狭い範囲に固まっているので非常に観光しやすい街です。

 OpenStreetMap contributors

アテネの地図

1日目

1.圧巻。アクロポリス遺跡群「パルテノン神殿」おすすめ度★★★★★

地下鉄・アクロポリ駅より遺跡敷地まで徒歩1分、遺跡敷ゲート通過後、徒歩15分

f:id:ryossin:20190426061536j:image

やはりギリシャといえばここでしょう。圧巻の神殿です。感動しました。

アクロポリス遺跡群は町の小高い丘に建っていて町からはこの遺跡群をどこからでも見つけることができ、遺跡群からはギリシャの町を一望できます。わたしはこの眺望にも感動させられました。

 

丘の上のどこからもこの眺望が見れますが、ベストは、丘の上に入る直前の遺跡プロピュライア(前門)で後ろを振り返るとすばらしい景色が見れます。

 

また、丘を登った一番先の石台からも町が一望できます。

f:id:ryossin:20190426061613j:image

 

 

最寄り駅は主要観光街の中では最奥の「地下鉄・アクロポリ駅」ですので、まずギリシャについたら立地的にもまず行くべき観光地だとおもいます。

入り口は、ここです。駅から1分ほどです。敷地に入る際にお金を払います。丘の上までしばらく上ります。しんどそうに見えて案外すぐです。

 

★アクロポス遺跡群

入園料20ユーロ(アクロポリ遺跡群内 パルテオン神殿、イロド・アティコス音楽堂など)

アクロポリス周辺の遺跡(アクロポリ、アゴラ遺跡、ゼウス神殿など)と4つの博物館のパッケージチケットもあり。30ユーロ。お得です。

 

2.アクロポリス遺跡群「半円形のディオニソス劇場、イロド・アティコス音楽堂」おすすめ度★★★★☆

地下鉄・アクロポリ駅より遺跡敷地まで徒歩1分、

アクロポリス敷地内。敷地ゲートより徒歩5分

f:id:ryossin:20190426061653j:image

すいません。ブログの構成上、正確には入り口からの順番が上下していますが、

アクロポリス遺跡群の中の遺跡の一つとして半円形のディオニソス劇場、イロド・アティコス音楽もおすすめです。

特にイロド・アティコス音楽堂は半円型の座席が残る古代の劇場でそこからバックに見えるアテネの町も見事です。

f:id:ryossin:20190426061650j:image

行き方は先ほどの入り口から入って丘を目指す途中にあります。見落とさないようにしてください。

 

3.アクロポリス遺跡群「エレクティオン」おすすめ度★★★★☆

地下鉄・アクロポリス駅より遺跡敷地まで徒歩1分、

アクロポリス敷地内。敷地ゲートより徒歩15分

f:id:ryossin:20190426061809j:image

アクロポリスの丘に建つ宮殿の一つ。

この景色は、丘の中心から宮殿を望むと撮れます。

 

ちなみにここにある像6体はすべてレプリカで、5体はアクロポリス博物館、1体は大英博物館にあります。(ロンドン大英博物館おそるべし。そして無料。)

 

4.穴場「岸壁の見晴らし台」おすすめ度★★★☆☆

アクロポリス敷地内。敷地ゲートより徒歩10分

f:id:ryossin:20190426061854j:image

アクロポリスの丘を降りてすぐに右に行きましょう。(最初の手作り地図参照)

ここにとても大きな岩があるのですが、ここから2日目に紹介するアゴラ遺跡が見渡せます。写真左下のところです。

これも結構お勧めです。

階段などがついていて上りやすいですが、柵などがないので転倒には気を付けましょう。

 

5.新アクロポリス博物館 おすすめ度★★☆☆☆

地下鉄・アクロポリ駅より遺跡敷地まで徒歩1分

先ほどのエレクティオンの銅像5体や遺跡についての展示があります。入ってすぐにしたの遺跡が見えるガラス床になっていて結構深いので、びっくりします。

 

★新アクロポリス博物館 (2019/4/26、公式ホームページより)

冬季(11月1日 - 3月31日)
月曜日から木曜日の午前9:00 - 午後5時 (最終入場時間:午後4時30分)
金曜日午前9時 - 午後10時 (最終入場時間:午後9時30分)
土曜日と日曜日の午前9時 - 午後8時 (最終入場時間:午後7時30分)

夏季(4月1日〜10月31日)
月曜日午前8時 - 午後4時 (最終入場時間:午後3時30分)
火曜日から日曜日の午前8:00 - 午後8時 (最終入場時間:午後7時30分)
金曜日午前8時 - 午後10時 (最終入場時間:午後9時30分)

休館日: 1月1日、復活祭の日曜日、5月1日、12月25日、12月26日


冬季(11月1日 - 3月31日)
一般入場料:5ユーロ入場料

夏季期間(4月1日〜10月31日)
一般入場料:10ユーロ入場

 

 

6.歴史的旧市街、プラカ地区 おすすめ度★★★★☆

アクロポリス・パルテオン神殿を観光し終えたら、プラカ地区をぶらぶらしましょう。

f:id:ryossin:20190426062812j:image

 

19世紀の街並みが保存されていている旧市街です。

お土産屋やレストランが立ち並びます。私はここで、お土産を買いこみました。

 

途中かばんをめっちゃ食い気味に売りつけてくるおじさん(めっちゃいい人そうでしたが。)につかまりました。物はとてもよさそうでしたが。

ギリシャは観光業を生業にしてるとすごく感じます。

 

 

2日目

 地図

© OpenStreetMap contributors

アテネの地図2



7.第一回の近代オリンピック開催地。パナシナイコ・スタジアム おすすめ度★★★★★

地下鉄・シンタグマ駅より徒歩15分

f:id:ryossin:20190426062205j:image

これは2日目に絶対行くべきですね。アテネ中心の駅シンタグマ駅から徒歩15分です。朝一に行くことをお勧めしますが、開場(8時)と同時刻に行くと入れなかったので注意してください。ヨーロッパなので仕方ないです。(たまたま有名な人が撮影に来ていたとは言っていましたが。真意はわかりません。)

 

f:id:ryossin:20190426062224j:image

1896年の第一回近代オリンピックが開催された場所で、オール大理石です。

ちなみにトラックも入れて、走っている写真やスタートの写真も取れてインスタ映えばっちりです。

 

入場料にオーディオガイド代が含まれているのでゆっくりナレーションを聞きながら回れます。選手の控室となっていた洞窟の先には歴代のオリンピックのポスターが飾られていて、結構楽しいです。

f:id:ryossin:20190426062246j:image

けっこうお勧めです。

 

なぞの兵隊衣装っぽい服のおじさんに写真撮ろうといわれたので一緒に取ると10ユーロ(1300円)と言われました。笑 まあヨーロッパでこうゆうのが無料のわけがないですが。

親切心には裏があることがあります。気を付けましょう。

 

★パナシナイコ・スタジアム

営業時間 8~19時(11~2月は~17時)

入園料 大人:5ユーロ、 子供:6歳以下無料

 

ここを出ると、

すぐ隣にゼウス神殿があります。

 

8.ゼウス神殿 おすすめ度★☆☆☆☆

地下鉄・シンタグマ駅より徒歩5分

f:id:ryossin:20190426062503j:image

結構壮大な遺跡で、とても広い土地に巨大な遺跡が建っています。

実は外から見ることもできるので、私ははいる必要もないかなと思い、星1つです。

 

余裕のある方は入ってみるといいです。

 

 ★ゼウス神殿

営業時間 8~20時(11/1~3/31は~15時)

入園料 大人:6ユーロ

アクロポリス周辺の遺跡(アクロポリ、アゴラ遺跡、ゼウス神殿など)と4つの博物館のパッケージチケットもあり。30ユーロ。お得です。

 

9.古代アゴラ おすすめ度★★★★☆

モナスティラキ駅から徒歩5分

f:id:ryossin:20190426062459j:image

ここにはあの有名なファイスストス神殿があります。アテネといえば描かれる神殿ですね。上のパルテオン神殿と同時期に建てられましたが保存状態が非常に良いです。ぜひ見に行ってください。

f:id:ryossin:20190426062454j:image

 

 

遺跡は広いですが、パルテオン神殿のアクロポリスやアクロポリ駅から向かうと結構距離があります。

モナスティラキ駅から向かいましょう。

入り口は多数あるようにパンフレットに書いてあったりしますが、2019年2月ではここのみでした。気をつけてください。(裏のアクロポリ側の入り口は封鎖されているので、回りこまなくてはなりません。モナスティラキ駅からが便利です。)

 

 ★古代アゴラ

営業時間 8~20時(10月~19時、11/1~3/31は~15時) 【古代アゴラ博物館】月曜は11時~20時

入園料 大人:8ユーロ

アクロポリス周辺の遺跡(アクロポリ、アゴラ遺跡、ゼウス神殿など)と4つの博物館のパッケージチケットもあり。30ユーロ。お得です。

 

 10.モナスティラキ駅前広場とプシリ地区 おすすめ度★★★★☆

モナスティラキ駅の目の前

f:id:ryossin:20190426062447j:image

お土産ショップやアイスクリーム店、居酒屋やレストランがひしめく地区です。北西のプシリ地区はおしゃれなかわいらしい雑貨店や、カフェが立ち並ぶエリアです。

夜は陽気なレストランや居酒屋などが夕食におすすめのエリアでもあります。特に夜が楽しいので、アゴラ古代観光の終わりに行くのがよいと思います。

 

日本からギリシャ・アテネ行きやヨーロッパ大都市からアテネへ行く方法

最後にアテネへのアクセスをご紹介いたします。

アテネ国際空港が最寄です。非常にきれいで治安のよい空港です。

また、アテネ空港には地下鉄が来ているので市内へのアクセスも良好です。

数日間、メトロ乗り放題のチケットが楽で安く、おすすめです。

 

アテネ国際空港へは、日本から直行便は無いのでどこかを経由した便で行く必要があります。

友人はドバイ経由で関空→ドバイ→アテネ というルートできてました。

その時々によって最安値のルートが変わります。

このような経由便を探すときには、航空券比較サイトを使う必要があります。(ツアーなどもありますが、飛行機は自分で手配するほうがびっくりするほど安いです。) 

 

私はいつもスカイスキャナー と言うサイトを使って値段を比較してます。一括ですべての航空会社と旅行代理店(いわゆる航空券ツアー)を比較してくれます。

 スカイスキャナーで航空券比較検索

 

検討してみてください。

番外編 日帰りで行けるサントリーニ島

サントリーニ島
じつは2、3日以上ギリシャに滞在できるのであれば、早朝直行便が出ているサントリーニ島に行くのがお勧めです。白い壁と青いエーゲ海。最高の景色ですよ。日帰りでも行けます。

注意点などがありますので詳しくは下の記事を見てみてください。