太ってもケーキに埋もれたい

フランス在住の旅行好き科学者と、関西在住ケーキ大好きアラサーによる雑記ブログです。

【京都・保存版】パティスリー3強まとめ。特徴やおすすめのケーキ、イートインも。

f:id:coconaotry:20190422163549j:plain



和菓子のイメージの強い京都ですが、実は、ケーキやパフェなどを揃える洋菓子やさんもたくさんあります。

趣味がケーキ巡りの私にとって、レベルの高いパティスリーが集まる京都はかなり魅力的。よく一人でケーキ巡りをしています。


今回は、某グルメサイトの「京都 ケーキ」ランキングで、常に上位を占める、京都パティスリーの3強をまとめてみました。

どのパティスリーも個性がはっきりとあって、ケーキのレベルも際立っています。
それぞれの特徴やおすすめのケーキと共にご紹介します。


パティスリー エス


f:id:coconaotry:20190422163523j:plain

京都パティスリーの代表格といえば、間違いなくココ!
フランス菓子を強く意識し、洗練されたケーキで、お酒が効いたケーキが多いのが特徴的。繊細なケーキが好きな人に特におすすめです。

Sのチーズケーキ」は2018年11月の『NIKKEIプラス1』の「何でもランキング」、「チーズ通が選ぶチーズケーキ編」1位に選ばれ、ますます人気を博しています。チーズケーキ好きの方は必見です。

f:id:coconaotry:20190422163549j:plain

ショーケースには、色鮮やかなケーキが並びます。人気店で、夕方頃には品薄になることもあり、なるべく早めの訪問がおすすめです。
イートインスペースはテーブルと窓向きのカウンター席があり、カップルでもお一人様でも居心地が良いです。


f:id:coconaotry:20190422163630j:plain


看板ケーキはお店の名前にもなっている「エス」。(写真右下)
口どけの軽いフロマージュブランのムースに爽やかなレモンの生地、中には赤いフルーツとイタリア産のグレープフルーツが。多層的で、繊細な味わいです。見た目も可愛らしいですね!

2号店である「パティスリーエスサロン」もオープンされ、京都のケーキ界をリードし続けています。

シチュエーション別おすすめ度

・デート:★★★
・お一人様:★★★
・おしゃべり:★★☆
・3~4人:★☆☆


◎パティスリーエス
・営業時間 11:00~19:00(LO.18:30)
・定休日  水・木
・電話番号 075-361-5521
・イートイン あり
・お店のホームページ
Patisserie-S パティスリーエス



◎パティスリーエスサロン
・営業時間 11:00~19:00(LO.18:30)
・定休日  水・木
・電話番号 075-223-3111
・イートイン あり
・お店のホームページ
Patisserie-S パティスリーエス


アッサンブラージュ カキモト


f:id:coconaotry:20190422192018j:plain


2017年にオープンして以降、シェフの華々しい実績・それに見劣りしない美しいデセール・レベルの高いケーキ・素敵な空間と丁寧な接客で、着実に人気を築き上げてきたお店です。

ついに「京都 ケーキ」ランキングで2位になりました。また来たくなる魅力に溢れたお店です。


f:id:coconaotry:20190422192030j:plain



柿本シェフは、チョコレートの世界大会である「ワールドチョコレートマスターズ」で日本代表に選ばれたこともあり、お店に並ぶケーキは半分以上がチョコレート系です。チョコレート系のケーキの完成度の高さは、この3店の中でダントツなので、チョコ好きさん必見です。

イートインスペースは、バーのような薄暗くてシックなL字のカウンター席のみ。デートにもぴったりの雰囲気です。
実際、客層を見てみるとカップルが大多数ですが、価格が高めなこともあり、年齢層は高めです。騒がしくないので、お一人様でも気にならないと思います。私もよく一人で行っています。


f:id:coconaotry:20190422110745j:plain

こちらで是非食べて欲しいのは、皿盛りのデザート。その中でも、写真の「テ・ベール」がおすすめ。
味はもちろん、目の前で作り上げてもらえるので、ワクワクします。少しお値段はしますが、ぜひ一度試してみてほしいです。


f:id:coconaotry:20190422110758j:plain

ケーキでは、看板ケーキ「アッサンブラージュA」か、現時点でお気に入りNo.1の「テ・オ・ショコラ」がおすすめ。


アッサンブラージュカキモトについて、詳しくまとめた記事はこちら。各ケーキ・デセールの詳細も。
www.naosuke16.com

シチュエーション別おすすめ度

・デート:★★★
・お一人様:★★☆
・おしゃべり:★☆☆
・3~4人:☆☆☆

◎アッサンブラージュ カキモト
・営業時間(テイクアウト) 12:00~19:00
・営業時間(ケーキのイートイン) 12:00~未定
・定休日  火・第2.4水曜(不定休)
・電話番号 075-202-1351
・イートイン あり
・お店のホームページ
ASSEMBLAGES KAKIMOTO | アッサンブラージュ・カキモト



パティスリー タンドレス


f:id:coconaotry:20190422122648j:plain


この3強の中で、一番、熱狂的な固定ファンが多いパティスリー
場所は京都の中心地から少し外れた一乗寺で、営業日は土日月の週3日のみ。

週3営業だなんて強気だな~と思っていたんですが、行って食べて納得しました。毎週ケーキのラインナップが変わるのに、全てのケーキのクオリティーがめちゃめちゃ高いんです。
毎週変わるケーキのクオリティを維持しようと思ったら、週3営業になるのも納得です。


f:id:coconaotry:20190422164511j:plain


ケーキを購入すると、説明書のような、ケーキの特徴と食べ頃などが書かれた紙が渡されます。その紙からも、こだわりの強さが伝わりますね。

ここでしか食べられないケーキは、どれも個性が強いですが、甘ったるかったり脂っこかったりせず、個性的なのに軽くてパクパク食べられます。
私はいつも、2人で行って、4つイートインします。笑

お店のマダムも、タンドレスのケーキに深い愛情を持っているのが伝わってきて素敵。
場所も少し不便で、曜日も時間も限られていますが、本当に毎回感動するのでケーキ好きさんはぜひ!


f:id:coconaotry:20190422122735j:plain


ケーキのラインナップが毎週変わるので、おすすめケーキはやめておきます。今まで食べて、ハズレだと思ったケーキは1つもありません。
全体的な印象としては、フルーツ系や抹茶のケーキよりも、黄色・茶色っぽいケーキがバツグンの美味しさです。



f:id:coconaotry:20190422210702j:plain



お昼を過ぎるとケーキがないことが多いので、開店時間に行くのがおすすめ。
イートインできるのは13時以降なので、イートインしたい場合は、午前中にケーキを取り置きしておいてから、ラーメン激戦区の一乗寺でランチをしたり、近くのお寺を巡って、13時に帰ってくるのがいいと思います。(13時の来店では、完売していることがあるため)
今週のケーキは、お店のホームページをチェックしてみてください。

シチュエーション別おすすめ度

・デート:★★☆
・お一人様:★★☆
・おしゃべり:★★☆
・3~4人:★☆☆

◎パティスリー タンドレス
・営業時間(テイクアウト)11:30~19:00
・営業時間(イートイン)13:00~18:00 
・定休日  水・木
・電話番号 075-223-3111
・イートイン あり
・お店のホームページ
tendresse




以上、京都のパティスリー3強をまとめてみました。
どのパティスリーも本当においしくて、魅力もそれぞれ異なります。
ぜひ、お気に入りのパティスリーとお気に入りのケーキを探してみて下さい。
www.naosuke16.com
www.naosuke16.com