太ってもケーキに埋もれたい

フランス在住の旅行好き科学者と、関西在住ケーキ大好きアラサーによる雑記ブログです。

【京都】デートで美味しいケーキを食べるならアッサンブラージュ・カキモト

f:id:coconaotry:20190422152629j:image

京都にはレベルの高いパティスリーが多くありますが、その中でも特におすすめなお店が「アッサンブラージュ・カキモト」。

ケーキが美味しいのはもちろん、イートイン限定のアシェットデセール(皿盛りのデザート)もあり、イートインスペースまでおしゃれで、デートにもぴったり。今回はその、アッサンブラージュ・カキモトの魅力をご紹介したいと思います。

 

※筆者は定期的に訪問しているので、食べて感動したデセール・ケーキがあれば、追記していきます。

 

※カキモトを含む、京都のパティスリー3強についてまとめた記事はこちら。

www.naosuke16.com

 

 

 

ASSEMBLAGES KAKIMOTO (アサンブラージュ カキモト)


こちらは2016年4月にオープンし、「パティシエ」「ショコラティエ」「キュイジニエ(料理人)」の3つの顔を持つ垣本晃宏シェフのお店です。
垣本シェフは、2011年開催の製菓のワールドカップである「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリ」には日本代表として出場し、氷細工の彫刻で世界1位に輝きました。また2013年にはチョコレートの世界大会である「ワールドチョコレートマスターズ」で日本代表に選ばれ、世界大会では総合4位という実績をお持ちです。

 

そんな輝かしい実績をお持ちの垣本シェフのお店は、京阪電車「神宮丸太町駅」より8分ほど、市バス「裁判所前」停留所からは5分ほど歩いたところにあります。京都市役所からは北へ少し歩いたところ、京都御所からは南へすぐの位置です。

京町家を改装したという、一見、パティスリーとは分からないような京都らしい外観が素敵です。


f:id:coconaotry:20190322141332j:image

店内に入ると、左手にはケーキとチョコレートのショーケース、右手には焼き菓子が並び、奥にイートインのできるカウンター席があります。

 


f:id:coconaotry:20190322141250j:image

L字カウンターの席数は10席ほどで、シックでモダンな大人な雰囲気がデートにもぴったり。奥には中庭も見えて、京都らしさが漂います。

 

 

ショーケースの中のケーキとチョコレートも、店内で頂くことができますが、おすすめは、イートイン限定のデザート。カウンター越しに、目の前で仕上げてもらえるので、食べる前からワクワクドキドキが高まります。

 

 

テ・ベール

私のおすすめは、オープン当初からの定番「テ・ベール」。


f:id:coconaotry:20190322191524j:image

 

まるでグラスの中が箱庭であるかのように、美しく盛りつけされた上にはチョコレートでフタがしてあり、これに仕上げであたたかいチョコレートをかけてもらうと、フタが溶けて完成です。


f:id:coconaotry:20190322192209j:image

こちら、「混ぜずに食べてください。」と言われます。ナゼ??と思いながらも、混ぜないように食べてみて納得。グラスの中には、抹茶、アーモンドパルフェ、チョコレート、柚子、トンカ豆のアイス、求肥などが色々入っていて、混ぜずに食べることで一口一口の印象が変わっていくんです!一口ごとにワクワクしながら食べられる、とても素敵なデセールでした。

 

 

 

フューチャーミュージアム

f:id:coconaotry:20190322191547j:image

こちらは2018年のワールドチョコレートマスターズ国内予選で優勝した逸品。チョコレート、セロリムース、クッキーなどの入ったパフェに、あたたかいグレープフルーツとディル(ハーブの一種)のジュレをかけて、チョコレートのフタを溶かします。チョコレートの濃厚さにグレープフルーツの酸味、セロリの苦味、ディルの香り。こんな組み合わせは人生初めてで、合うのかな?と疑問に思いながら口にしましたが、見事なバランスでした。

 

 

 

目の前で仕上げてもらえるデザートは必見ですが、お値段が1500円~2500円ほどと、気軽に手が出る値段ではありません。デザートだけではなく、ケーキも美味しいので、おすすめを紹介しておきます。

 

 

アッサンブラージュA

f:id:coconaotry:20190322213247j:image

アサンブラージュ・カキモトの看板ケーキといえばこちら。「ワールドチョコレートマスターズ 2013」の日本予選優勝時の作品をアレンジしたチョコレートケーキです。

クレームショコラ・カラメルや、クレームショコラ・トンカ、ムースカラメル、ガナッシュ、バナナとレモンのクリーム、ビスキュイショコラなど、いくつもの層が絶妙に混ざりあって、うなる美味しさでした。

人気のケーキで、完売しているのをよく見かけます。

 

 

アッサンブラージュB


f:id:coconaotry:20190322191630j:image

Aと同じく、断面が美しいアッサンブラージュB。Aがミルクチョコレートベースだったのに対して、Bはホワイトチョコレートがベースで、イチゴ、ミルクチョコレート、アーモンドプラリネ、ホワイトチョコレートの4層からなります。

ホワイトチョコレートといえば、あまったるいイメージが付いてきますが、こちらはイチゴの酸味と相まって、ほどよい甘さ加減です。

 

 

テ・オ・ショコラ

f:id:coconaotry:20190422152615j:image

現時点で、こちらのケーキで一番のお気に入り!

室温で溶けていくなめらかな口溶けの濃すぎないチョコレートに、濃いめ苦めの抹茶に、ザクザクメレンゲ。


f:id:coconaotry:20190422152855j:image

断面はこんな感じ。汚くてすいません。笑

抹茶の濃さが見た目からも分かりますよね?

とろとろチョコレートにザクザクメレンゲの食感の対比も楽しいケーキでした。

 

 

タルトシトロン


f:id:coconaotry:20190422153015j:image

酸味の効いた2種のレモンクリームに、上はあっさりメレンゲ。レモンクリームが想像以上のすっぱさですが、その刺激をメレンゲが包み込んでくれる感じ。おいしい。

タルトシトロン好きのケーキ好きの方って一定数いるイメージですが、そんな人でも必ず満足できるタルトシトロンです!

チョコレート系以外のケーキまで美味しいのが、さすがカキモトさん。

 

 

エクレア

f:id:coconaotry:20190322191647j:image

こちら、ショーケースに入っている時は、1本のエクレアですが、イートイン時には食べやすいようにカットされた状態で出てきます。

さくっと軽い生地に、ねっとり濃厚なキャラメルの絶妙さ。間違いなく人生で一番美味しいエクレアでした!

 

 


f:id:coconaotry:20190322213312j:image

ケーキと一緒に頂くドリンクといえば、コーヒーや紅茶が定番ですが、こちらではアルコールメニューも充実しています。ワインやおしゃれなアルコールに、ビールまで。

ケーキと一緒にお酒を嗜むなんて、大人なデートにぴったりですね。

 

 

残念ながら、カフェタイムは予約ができないのだけがネック。お店に着いて、ショーケースの前でイートインするケーキ・チョコレート・デザートを選び、待ちがある場合は呼ばれるまで待ちます。お店は小ぢんまりとしていて、待つ場所も特に確保されていないので、ショーケースの前で待つしかありません。

待つのが嫌な時は、なるべく早く来店するか、逆に夕方以降を狙ってみるか、おやつタイムのピーク時だけは避けた方がいいと思います。

 

 

目の前で仕上げてもらえるデザートを筆頭に、全体的にお値段は高めですが、そのお値段以上のおいしさや感動が得られます。毎回期待値を越えてくるので、毎回、また来たい!と思ってしまいます。一度食べたらまた行きたくなること間違いなしのお店です。

チョコレートや焼き菓子は、プレゼントにも喜ばれると思います。生菓子が美味しいのかと思いきや、クッキー等の焼き菓子もとてもおいしかったです。

 

京都の素敵な雰囲気のお店で、極上のスイーツを、ぜひ味わってみてください。

 

 

アッサンブラージュカキモト

テイクアウト 12:00-19:00
イートイン  12:00-不定
ディナー   18:00-23:00(L.O. 20:00)

定休日     火曜、第2・4水曜(不定休)電話番号    075-202-1351